Message 先輩メッセージ

現在の仕事
部門横断の組織で、分析やソーシャル発信を行う

 部門横断の組織、分析エンゲージメント戦略チーム(AESチーム)の技術系メンバーとして、記事の読まれ方の分析や、ソーシャル発信をしています。昨年は編集部門向けのアクセス分析ツール「Hotaru」を開発し、記事がどのように読まれているかを、記者一人ひとりが見られるようにしました。デジタル発信の強化に向けて改革を進めている、新聞社の新しい試みに関われるのは刺激的です。

 またネットで話題になっている情報をウォッチする「ASLiT(アスリート)チーム」が見つけたネタを取材し、記事化・配信することもしています。スピードが問われる場合は緊張しますが、反響がすぐにわかるので、記事を多くの人に届けられたときの達成感はひとしおです。

印象に残っていること
チーム一丸となって、大規模システム更新を

 2~3年目にかけて、デジタルサービスの大規模なシステム更新に携わったのですが、わからないことばかりで本当に苦労しました。先輩に聞いたり、自分で勉強したり、とにかく「自分が納得できるまで」と思ってやっているうちに、いくらか担当を任されるようになりました。先輩と意見がぶつかることもありましたが、「思ったことは先輩後輩関係なく言ってみる」という自由な雰囲気と、「デジタルサービス使うお客様のことを第一に考える」という気持ちがチームにあったからこそだと思います。1日丸ごとかけたシステムのリリースが無事終わり、先輩たちに「本当によく頑張った」と言ってもらえたときのことは忘れられません。

これから
若い世代に「おもしろい」を伝えるメディアをつくる

 自分と同世代や、より若い世代に「わたしたちのメディアだ」と思ってもらえるような、コンテンツづくりを考えていきたいです。人々の興味も、チャネルも細分化されている中で、より多くの人の共感を得るコンテンツを作るのは難しいかもしれません。ただ少なくとも取材する中で「おもしろい」と感じたことを、最大限伝えられるようにさまざまな表現方法にトライしていきたいです。

 今年は、シンガポールで行われたデジタルジャーナリズムのワークショップにも参加しました。データひとつとっても表現方法はさまざまで、デジタルの世界だからこそできることがあります。技術系の知識も活かせられればと考えています。

MY CAREER HISTORY私のキャリアヒストリー

2014 / 07

デジタル本部 デジタル技術部 WEBサービス担当 [1年目]

 最初の配属で、先輩に後ろをついていく毎日でした。部署で初の女性部員になったこともあり戸惑いも(早食いが身につきました)。今は女性の数も飛躍的に増えました。

2015 / 09

情報技術本部 開発部 会員管理サービス担当 [2年目]

 地道なアピールが奏功し、ラスベガスで行われたクラウドサービスのカンファレンスに参加しました。帰国後も充実感を胸に、大きなプロジェクトを乗り切ることができました。

ラスベガスへの海外出張
2016 / 06

情報技術本部 開発部 兼 東京本社報道局 [3年目]

 部門横断の「AES(エース)チーム」に所属。編集部門向けのアクセス解析ツール「Hotaru」を開発しました。議論して仕様を決めていき、デザインにもこだわりました。

2016 / 11

東京本社報道局 兼 デジタル編集部 兼 情報技術本部 [3年目]

 AESチームとして記事の読まれ方などを分析する一方、自分で取材をするようになりました。初めての取材は、虫の恵方巻きを食べる食レポでした。

虫の恵方巻きを食べる野口
就職活動の取材
2017 / 04

読み比べ、「けものフレンズ」 [4年目]

 テレビアニメ「けものフレンズ」好きが高じて、多摩動物公園にネコ科の動物・サーバルの取材に行き、ネットでは「朝日新聞デジタル」と、「withnews」に記事を掲載しました。テーマとしては同じなのですが、それぞれで切り口や表現方法を変えて配信しています。媒体によって特徴を出せるのも面白いところです。

2017 / 09

「withnews」で「マンボウ」をフカボリ [4年目]

 余談ですが、定期的にネットで話題になっていた「マンボウの骨格」を取材した記事は、とても大きな反響があり、別の記事の取材にもつながりました。調べていくうちに私もマンボウが大好きに。ネットでは「弱い・死にやすい」と言われていますが、実はそんなことないんですよ!

入社動機

 高校から理系で、大学でも物理に関する研究を続けてきましたが、世界を広く見られるように、さまざまな背景を持つ人たちと関われる会社に入りたいと思っていました。新聞社に技術職があることがまず驚きだったのですが、編集や広告、販売、デジタル事業、企画事業、など本当に幅広い職種の人が集まる企業であることが魅力的でした。

オフの過ごし方

 趣味は楽器です。中学からドラム、大学の後半からはベースをやっています。自分の結婚式の二次会でもベースを弾いてしまいました。最近は会社の先輩のバンドにも誘われて参加しています。好きなバンドのライブにもよく足を運んでいます。

自分の結婚式二次会

みなさんへのメッセージ

 学生時代の専攻は、正直いま仕事に直結していません。就職活動でも「どうしてうちへ?」と何度聞かれたか数えきれません。ですが「即戦力」という人はごくまれで、入社してから成長する人が多いのでは。振り返れば卑屈になったこともありますが、自分の考え方ややりたいことを、丁寧に話せるように準備することが大切だったのかなと思います。

他の社員をみる

PAGETOP