本大会と練習試合

朝日新聞インターンシップ

応募資格 (全コース共通)
大学3年生または大学院1年生が中心ですが、それ以外の方も生年月日が1989年4月2日以降で在学中の方は応募できます。期間中、終日参加できる方。学部、学科、地域は問いません。

記者コース

夏季学生ジャーナリズム研修(5日型)

ジャーナリズムについて理解を深める5日間です。そのうち1泊2日で地方の取材拠点である総局に出向き、記者体験をします。記者と一緒に警察や裁判所、市役所などで取材をし、写真を撮って、原稿をまとめます。みなさんが書いた記事は、記者が読んでフィードバックします。
また、ジャーナリズムの意義や使命について議論し、報道が果たす役割について理解を深めます。

実施内容
  • デジタル報道の最前線を体験
  • 取材・執筆体験、原稿添削
  • 地方総局訪問
  • 若手記者と交流
開催日程・定員
期間 東京 : 9/4(月)〜8(金)
大阪 : 9/12(火)〜16(土)
定員 東京 : 40名
大阪 : 30名
応募締切 8/1(火)正午
備考 ※東京・大阪の複数応募が可能です。(ESなどによる選考があります)
※当社規定の交通費を支給します。

学生1日記者体験(1日型)

記者の仕事の一端を1日で体験するセミナーです。

実施内容
  • 模擬記者会見と原稿執筆
  • 現役記者による添削指導
  • 写真講座
開催日程・定員

【秋季 学生1日記者体験】 期間
東京① 10月14日(土)
名古屋 11月18日(土)

【冬季 学生1日記者体験】 期間
福岡  11月25日(土)
大阪  12月9日(土)
東京② 12月16日(土)

募集開始や締切の日程、募集人数などは後日このページにて、お知らせいたします。

ビジネスコース

夏季ビジネス部門研修(4日型)

ビジネス部門には、「販売」「メディアビジネス(広告)」「企画事業」「デジタル事業」「管理・財務」の五つの職種があります。この多彩な仕事を実務に即したグループワークなどを通じて知っていただき、アイデアを形にすることのおもしろさや難しさを体験します。各回のグループワークでは、社員がフィードバックします。

実施内容
  • 販売店訪問と販売戦略の立案
  • 広告の企画提案
  • 「運慶展」などの展覧会見学
  • デジタルサービスの新事業開発
開催日程・定員
期間 東京 : 9/12(火)〜15(金)
大阪 : 9/19(火)〜22(金)
定員 東京 : 50名
大阪 : 40名
応募締切 7/20(木)正午
備考 ※東京・大阪のどちらか一つにご応募ください。(ES・面接による選考があります)
※当社規定の交通費を支給します。

技術コース

メディアテクノロジー研修(2日型)

目まぐるしく変わりゆくメディア業界のテクノロジー。朝日新聞社は常に最先端の技術を追い求めています。その一端を体験するコースを用意しました。ニュースのデジタル配信、セキュリティーの考え方、新聞製作の基本だけでなく、メディア業界の強みを生かした新規ビジネスの立ち上げや機動報道など、業界を取り巻くテクノロジーを効率よく学べます。

実施内容
  • 機動報道体験
  • サイバーテロ対策研修
  • デジタル報道の最前線を体験
  • 記念新聞作製
開催日程・定員
期間 東京 : 【1回目】 9/23(土)〜24(日)
【2回目】 10/14(土)〜15(日)
大阪 : 9/30(土)〜10/1(日)
定員 いずれも若干名
応募締切 東京 : 【1回目】 9/8(金)正午
【2回目】 9/29(金)正午
大阪 : 9/15(金)正午
備考 ※いずれか一つにご応募ください。
※当社規定の交通費を支給します。

3コース共通「業界研究セミナー」(半日型)

記者・ビジネス・技術の3部門の若手社員が登場。パネルトークや座談会もある充実の半日セミナーです。

実施内容
  • 社員の講演
  • 社員や内定者との座談会
  • インターンシップの紹介
開催日程・定員
東京・大阪で随時開催します。
9月以降にこのページにてお知らせいたします。

応募の流れ

  • プレエントリー
    お名前、大学名など、必要項目を記入してください。マイページが取得できます。プレエントリーだけでは、参加申し込みにはなりませんので、ご注意ください。
  • マイページより参加申込(本エントリー)
    エントリー項目を記入のうえ、送信してください。
    記者部門は小論文の提出もお願いします。
  • 参加案内の連絡
    書類が通過した方に、参加案内の連絡をします。
  • インターンに参加
    インターン期間中、全日程の参加をお願いします。

エントリーと申し込み