Message 先輩メッセージ

「自分の興味(FUN)×顧客ニーズ」を大切にしながら、
メディアビジネスの可能性に挑戦したい

村上 優海/ MURAKAMI YUMI

所属部署メディアビジネス局 広告営業

入社年2022年入社

略歴

大学を卒業後、大手外食企業に入社、店舗管理業務やスタッフ育成などを担当する。広告代理店に転職後は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会にてチケットプロモーション戦略構築を担当、現在に至る。

現在の仕事内容や今後取り組んでいきたいことなどを教えてください

新聞・WEBに加え、テレビ、出版といった朝日新聞グループが保有するメディアやイベントなど、あらゆる商品を顧客のニーズに合わせて提案・セールスし、クライアントのマーケティング課題解決に繋げます。社内のリソースを最大限駆使し「朝日新聞社だからこそ」できる価値を提供できるよう常にアンテナを張っています。また、今後はSDGsや子供をテーマとした課題にもさらに積極的に取り組んでいきたいと思っています。

前職での仕事内容をお教えください

オリンピック・パラリンピックにおけるチケット販売、フルスタジアムに向けての販促プランの立案から、販促物の制作・進行管理、Webでのプロモーション展開、CRM設計等を担当していました。また、イベントに登壇されるアスリートや著名人の所属事務所との窓口や、制作物に使用する素材のアプルーバル業務といった幅広い業務に携っていました。

転職のきっかけと、朝日新聞社を選ばれた理由をお聞かせください

幼い頃から「オリンピック出場」を目標に競技に打ち込んでいましたが、現役時代では夢叶わず。諦めきれずなんとか仕事で携わりたい!という想いを胸に遂に目標を達成。また新たな目標を持って挑戦し続けたいと思い、転職に踏み切りました。朝日新聞社を選んだ理由は、新聞媒体でプロモーションを打った際、世に及ぼす影響力の大きさを肌で感じ、純粋に面白いなと思ったのがきっかけです。私も日頃から常々感じている事ですが、伝え方ひとつで受け手側の捉え方は変わります。とあるアスリートが「メディアに攻撃された」と発言しているのを耳にし、とても悲しくなった記憶があります。その人の努力や成長を止める事なく「明日からまた頑張ろう」と思ってもらえるようなポジティブなメッセージを発信していきたいと思い、入社を決意しました。そして、もう一つの理由が「人」です。人生の大半は仕事に費やすため「何を」するかも重要な要素の1つですが、それ以上に「誰と」働くかを一番重視しました。どの方も共通して「人を想う」姿勢が印象的だったのが決めてです。

朝日新聞社に対する印象の変化や気づいたことはありましたか?

良い意味で、心の底から仕事を楽しんでいる方が多いという事です。ある先輩からの受け売りですが、仕事を楽しむコツは「自分の興味関心(FUN)×顧客のニーズ」の掛け合わせと聞き、納得しました。私自身もスポーツやCSR、子供など自分の興味のある領域とかけ合わせて仕事ができればと思っています。この考えに限らず、その方なりの楽しさを見出しながら仕事と向き合っている方が多い印象を受けました。

今後どういう方と一緒に働きたいですか?

新聞社のメディアビジネスは過渡期にありますが、だからこそ新しい発想で共にチャレンジできる方と働きたいです。そのためには先入観をもたずに素直に物事を捉えることも大切だと思っています。
転職は、新たな可能性を発見し成長するチャンスだと思っています。新しい環境では不慣れな事も多く苦労する時もありますが、人生は一度きりです。自分の心に素直に「やってみたい」と思ったら挑戦することをオススメします。サポートしてくれる人は必ずいるので、自信を持ってトライしてみてください。応援しています。

PAGETOP